車いす対応車を購入して車イス利用者を支えたい!!

すでに集まった金額

514,000

目標金額
1,000,000円
51%
現在の応援人数

37

延べ53
募集終了まで残り

終了

2021/06/01 00:00に終了

札幌市内で有償福祉ボランティア事業を展開するびすけっとクラブ(NPO法人札幌微助人倶楽部)は、サービスの1つで障がい者や高齢者を病院や施設などへ送迎しています。特に最近では、車イスの利用者が増え、そのための対応車が必要ですが、稼働している3台の車イス対応車の打ち所有している対応車1台が老朽化(走行距離24万キロ)で廃車しなければならなくなりました。2台では車イス利用者の外出をサポートできない状況です。なんとしても代わりの車を購入し、車イス利用者の要望に応えたいと思っています。

車イス利用者さんを囲んで、みんなが笑顔

びすけっとクラブ活動内容

びすけっとクラブは、「ささやかな助け合いで大きな安心」をモットーに福祉分野で活動をしているNPOです。
高齢者の増加、核家族化、福祉の後退が目立つ社会をどう支えるかの問いに「ボランティアの出番」と考えた企業経営者OBが、1996年に立ち上げ、今年で25年になります。会員897人(2020年10月末現在)で家事援助、介護、介助、見守り、除雪、移送サービス(福祉有償運送)などを有償で行なっています。
家事援助などは、1時間1,000円、移送サービスはタクシー料金の半額です。近年では、高齢化が進み移送サービスが事業の半数以上になってきました。主に病院への送迎、ほかに買い物、美容室、音楽会などの送迎依頼もあります。
2019年度の年間移送件数は、6,111件で133人が利用しました。道内では最大規模の福祉有償運送団体です。





「ささやかな助け合いで大きな安心」のボードを掲げる事務局員

コロナ対策をしっかり行っている事務所内

高齢化が進む北海道には福祉車両の普及が必要

北海道の高齢化率は31.7%(2020年1月現在)です。2025年には34.4%、札幌市も30.3%、2045年には北海道が42.8%、札幌市39.7%になると予測されています。高齢化の増加は、自力での移動が困難な人が増えることにつながります。現在、車イス対応車などの福祉車両の普及が遅れており、将来に向けて福祉車両の普及促進が必要になってきます。

2020年12月8日付朝刊「さっぽろ10区」より

現在、びすけっとクラブでは、ボランティアドライバー22人で、ほとんどは自家用普通車で送迎をしています。利用者のうち、車イスのまま乗り込める車が必要な方は23人。こうした方々のための車イス対応車は3台ですが、そのうちの1台が老朽化で廃車しなくてはならなくなりました。そのため、人工透析など定期的に病院へ行かなければならない人の送り迎えも出来なくなてきています。
中古車の出物はほとんどないため、トヨタのシエンタ福祉車両(車イス対応)の新車購入を計画しています。見積もりでは総額236万円です。そのうち136万円は自己資金でまかない、残りの100万円をCFで募金することにしました。クラウドファンディングを利用することで車イス対応車量の必要性を認知してもらうことも考えています。

購入予定のトヨタ・シエンタ福祉車両  

スケジュール

4月後半 クラウドファンディングスタート
5月末  クラウドファンディング 終了
6月中  福祉車両(車イス対応車)購入
現在はコロナ禍の影響で自宅にこもりがちの車イス利用者も気候が良くなる6月ごろから外出の機会が増えるので、それまでに購入を終え稼働させたいと考えています。

支援金の用途

ご支援いただいた全額を福祉車両(車イス対応車)購入にあてます。

リターン

1,000円  
お礼の手紙
機関紙「ビスケットメール」へお名前掲載


3,000円  
お礼の手紙
機関紙「ビスケットメール」とホームページへお名前掲載

5,000円 
お礼の手紙
機関紙「ビスケットメール」とホームページへお名前掲載
NPO法人札幌微助人楽部への入会金免除(通常5,000円)

10,000円 
お礼の手紙
機関紙「ビスケットメール」とホームページへお名前掲載
NPO法人札幌微助人楽部への入会金免除(通常5,000円)
利用チケット2枚(2,000円分)

100,000円 
お礼の手紙
機関紙「ビスケットメール」へお名前掲載
購入車両車体に一年間名前入れ、1面のみ
※カッティングシート対応。
※大きさはA3サイズ(297×420)を基本としますが、デザインなどの詳細は応相談。

500,000円 
お礼の手紙
機関紙「ビスケットメール」へお名前掲載
購入車両車体に永久名前入れ、両面に掲出
※カッティングシート対応。
※大きさはA3サイズ(297×420)を基本としますが、デザインなどの詳細は応相談。


1,000,000円 
お礼の手紙
機関紙「ビスケットメール」へお名前掲載
購入車両のネーミングライツ「○○号」とさせていただきます
※カッティングシート対応。
※大きさ・デザインなどは、可能な範囲でご要望に応じさせていただきます。

プロフィール

児玉 芳明

北海道新聞社勤務後、道新スポーツ社長、広告会社パブリックセンター特別顧問を経て、サッカーJリーグコンサドーレ社長に就任。その後、びすけっとクラブ会長(代表理事)、認定NPO法人チャイルドラインほっかいどう代表理事、補助犬への理解を進める会会長などをしています。横浜市出身で現在、84歳。

「福祉のまちづくり賞」を北海道知事からいただいています。


びすけっとクラブ20周年を迎えた記事(2017年1月9日付北海道新聞朝刊)

続きを見る

支援金額とリターン

1,000円

お礼の手紙
機関紙「ビスケットメール」へお名前掲載

  • 4口が支援済み
  • お届け予定:2021年06月
受付終了

3,000円

お礼の手紙
機関紙「ビスケットメール」とホームページへお名前掲載

  • 5口が支援済み
  • お届け予定:2021年06月
受付終了

5,000円

お礼の手紙
機関紙「ビスケットメール」とホームページへお名前掲載
NPO法人札幌微助人楽部への入会金免除(通常5000円)
 

  • 7口が支援済み
  • お届け予定:2021年06月
受付終了

10,000円

お礼の手紙
機関紙「ビスケットメール」とホームページへお名前掲載
NPO法人札幌微助人楽部への入会金免除(通常5000円)
利用チケット2枚(2,000円分)
 

  • 36口が支援済み
  • お届け予定:2021年06月
受付終了

100,000円

残り1口

お礼の手紙
機関紙「ビスケットメール」へお名前掲載
購入車両車体に一年間名前入れ、1面のみ
※カッティングシート対応。
※大きさはA3サイズ(297×420)を基本としますが、デザインなどの詳細は応相談。

  • 1口が支援済み
  • お届け予定:2021年08月
受付終了

500,000円

残り1口

お礼の手紙
機関紙「ビスケットメール」へお名前掲載
購入車両車体に永久名前入れ,両面に掲出
※カッティングシート対応。
※大きさはA3サイズ(297×420)を基本としますが、デザインなどの詳細は応相談。
 

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2021年08月
受付終了

1,000,000円

残り1口

お礼の手紙
機関紙「ビスケットメール」へお名前掲載
購入車両のネーミングライツ「○○号」とさせていただきます
※カッティングシート対応。
※大きさ・デザインなどは、可能な範囲でご要望に応じさせていただきます。

  • 0口が支援済み
  • お届け予定:2021年08月
受付終了